タイ移住ビザータイランドエリート

タイの国家長期滞在プログラム【タイランドエリート】のメンバーに発給されるビザは、通常タイ王国大使館や領事館で発給されるビザとは全く別物の、タイ移住やタイ長期滞在に適したビザです。
観光ビザ タイランドエリートビザ
期限 60日または90日 5年(最長20年)
種類 シングル マルチプル
滞在できる期間 60日または90日 5年(最長20年)

大使館では扱っていないビザです

タイランドエリートは、2003年にスタートした外国人をタイの友人として特別の待遇でお迎えする国家プログラムです。 元々は海外の富裕層のバケーションのロングステイや、ビジネスでの頻繁な入出国をターゲットとしてスタートしたプログラムで、運営はタイ国政府観光庁直営の国営企業が行なっております。

デジタルノマド・個人投資家の移住に

海外旅行者が年々増加し、年間4千万人に届きそうなタイですが、同時に増え続ける外国人の不法就労問題にも頭を悩ませてきました。 そこで、2014年にビザラン規制法を制定し、タイ訪問のリピーターや長期滞在者の入国に対して厳しい調査と指導を開始しました。 同時にビジネスビザなど正規に就労する外国人以外の、観光ビザや、留学ビザなどでの調査や規制にも動きました。 タイ移住熱の高まるデジタルノマドや個人投資家の場合、ビザ無し入国の回数が増え、正規ビザ取得の指導を受ける人も増えてきました。 その場合、観光ビザの申請となるわけですが、観光ビザの期限は60日か90日です。 タイ国内で30日の延長ができますが、移住や長期滞在のためには繰り返し申請が必要です。 観光ビザでのタイ国滞在が年間180日を超えると、観光ビザの申請自体が却下されるケースも増えてきました。 つまり、観光ビザでの移住・長期滞在はほとんどできなくなりつつあります。

タイランドエリートビザ

タイランドエリートビザはタイの法律で、タイランドエリートメンバーのためだけに認められた、既存のビザとは大きく異なる、特別な長期マルチプルビザです。 このビザは、下記の特徴を持つ、まさにタイ移住・タイ長期滞在のためのビザと言えます。

5年、10年、20年の滞在が可能になります

5年マルチプルビザですので、5年間の滞在が可能です。 メンバーシップの期間、5年には1回、10年には2回、20年には4回5年マルチプルビザが発給されます。つまり、最長20年のタイ移住が可能になります。

毎回入国ごとに1年間の滞在

タイランドエリートビザ所持者の入国に際しては、入国審査官は1年間の滞在許可をパスポートに書き込みます。 1年後に何らかの理由で出国できない場合は、手続きをとれば延長も可能です。

申請と受け取りも簡単

タイランドエリートメンバーは入会時に入国管理局の審査を経ているので、タイランドエリートビザの申請には、申請書や申請料は不要です。 受け取りの5営業日前にカスタマーコンタクトセンターにメールでご連絡ください。 入国時にスワンナプーム空港で受け取りが可能となります。

タイ入国時には特別待遇

メンバーのタイ入国時には特別待遇もございます。

◯入国時お出迎えサービス

◯港内メンバー専用エレクトロカート

◯メンバー専用入国審査

◯メンバー専用入国ラウンジ

◯高級リムジン無料送迎